不動産の売上を高めるための方法

“不動産業者にとっては、できるだけ多くの物件を仲介し、その仲介手数料を得ることが大きな利益の源となっています。そのためできるだけ多くの物件を仲介することが必要になりますが、売主と仲介契約を結ぶ場合には、その方法によって手数料を得ることができるケースが大きく異なってくるので注意が必要です。契約の方法によっては自社が仲介を請け負ったケースであっても手数料が入らないケースもあるため、契約の方法には十分な注意が必要になります。

不動産を売買する場合には、売主との媒介契約が結ばれていることが必要です。媒介契約は不動産を仲介する際に必要な契約であるとともに、業者が仲介手数料を得るために根拠となる契約でもあり、また買い主にとっては安心して不動産を購入できる根拠となるものでもあります。さらに業者の売上に大きく関わる契約となるため、しっかりと行う必要があります。しかし、この契約を行う際に、契約内容について十分に確認しないと自社の売上にならないケースも発生することから、不動産を取り扱う担当者は媒介契約の種類と内容をしっかりと理解し、自社に有利な契約に結びつけるようにすることが重要になります。

媒介契約の基本はこれだ!一般媒介の良い点・悪い点をチェック

媒介契約には専任媒介契約と一般媒介契約があります。この2つには媒介方法や手数料の発生するケースについて大きな違いがあり、その違いをしっかりと理解しておくことが不動産会社として高い売上を生み出す重要な要素となるのでしっかり認識しておくことが大切です。一般的に媒介契約と言われるものは物件の仲介の権利を得られるものだと考えられているものですが、専任媒介契約と一般媒介契約とではその内容が大きく異なります。専任媒介契約の場合には必ず契約を結んだ会社を仲介することが義務付けられており、他の不動産業者が買い主を見つけてきたり、または売り主自身が買い主を見つけてきた場合であっても契約した会社に仲介の権利が発生するものです。一方一般媒介契約の場合には買い主を見つけた会社が仲介の権利を持つことになっているため、契約した会社は他社に買い主を見つけられた場合には仲介手数料を受け取ることができません。そのため不動産の会社にとっては専任媒介契約の方が売上の上がる確率が高くなるため、専任媒介契約を取り付けることが1つの大きなポイントになっているのです。そのため、業者としては一般媒介契約の仲介に力を入れるよりも専任媒介契約物件に力を入れる方が大きな売上につながるため、積極的に販売促進を行うと言う点も大きな違いです。”