マンションがいいか一戸建てかの比較について

“マンションは、一戸建てに比べて気密性に富んでおり断念効果があります。防犯の面でも、オートロックなどの管理がされており安全面で優れています。マンションは、比較的交通の便のいいところに建設されますので同じ場所で一戸建てを購入するよりも安いと言われます。購入しておけば、将来賃貸にして貸し出すこともできます。老後の生活を考えた場合には、交通の便がいいことは暮らしやすいということにもつながります。

マンションは、維持管理がしっかりしているので管理費さえ納めていれば、共有で使う部分は計画的に維持管理ができ、大規模修繕にも備えてくれます。一戸建ての場合には、定期的に維持管理を自分で行う必要がありそのための経費も将来に備えて準備しておくことが必要です。マンションでは、管理費や修繕積立金、駐車場代といった月々の定期的な負担が必要になります。

マンションに住むにあたって最大の問題となるのは、騒音の問題です。生活をするにあたっては、どうしても音が出てしまいます。子供がいる場合には騒ぐの防ぐことは不可能です。歩行したりドアの開け閉めにまで注意してくる下の階の人がいてトラブルになることがあります。これは一戸建てでも同じです。周囲に同じような環境のなじみやすい人ばかりいれば住みやすいですが、中にはそんな環境を壊す迷惑な人がいるケースもあります。一戸建ての購入にあたっては、購入前に周辺での聞き込み調査は欠かせません。マンションの場合も、中古で購入する場合は、まわりとか階下にどういう人が住んでいるかは調査したほうがいいです。せっかくの高額の買い物が、不幸につながるのでは心理的にも負担が増します。環境から逃れることができないデメリットも生じます。

一戸建てを選ぶ人には、あるパターンがあります。例えば、ペットが好きな人は買いやすさ。子どもを伸び伸びと育てたいという希望もあるでしょう。周囲に遠慮せず独立した空間を楽しむことができるといった利点もあるでしょう。庭いじりやくつろぎが得たいという人もいるでしょう。逆に、周囲の草刈りなどが煩わしくていやだという人もいるでしょう。ライフスタイルを決めることが選択の基本として大切になります。家族構成や持ち家を購入する意義なども影響を及ぼすことになります。賃貸派か持ち家派かの争いがあるように、住空間は自分が設計するものです。何を求めて家を購入するかを決めればおのずと選択の幅は狭まってくるものです。どちらがいいかは、実際に色々な物件を見ることによって何を求めているのかがわかってくるものです。一生で最も高い買い物であることから家族の意思を尊重することが大切です。”