福岡のビルを売却するなら

相続された土地の評価方法「路線価方式」と「倍率方式」
福岡のテナントビルを売却するなら路線価方式と倍率方式について知っておく必要があります。これらの方式は宅地の評価方法で相続税や贈与税の計算に用いられます。不動産の価値を知るために必要になる財産の評価方法です。借地権の場合にはどちらの方式でも借地権割合が定められています。
倍率方式は都市郊外の路線価が定められていない地域に採用され、相続税を算出する場合には相続時の時価によるのが一般的です。入り組んだ地形や地方の農業地域などには路線価がないこともあります。路線価は国税庁のホームページでも確認できます。固定資産評価額は固定資産税の納税通知書に課税明細書の価格、評価額として表示されており、市区町村の窓口でも証明書を交付してもらうことができます。固定資産評価額は路線価と比較して低めに設定してあるため、倍率補正をすることになります。倍率についても路線価と同様に国税庁のホームページで評価倍率表を確認できます。

路線価方式について
評価しようとしている宅地が面している道路の標準価格に土地面積を乗じて算出する方法です。路線価は標準の土地を基準としていますので、奥行きや間取り、道路との関係や形状によって補正されます。土地1平方メートル当たり千円単位で決められています。

倍率方式について
宅地の固定資産評価額に一定の倍率を乗じて算出する方法です。倍率は税務署の評価倍率表によります。路線価方式とは違い、加減や減算の補正が必要ありません。

ビルを売却するためにはまず物件の査定を行い、現在の相場を確認する必要があります。不動産会社では無料査定を実施していますので見積もりを数社からとってみることです。福岡の中心地や福岡駅のそばといった好立地であってもテナントが入居していて契約を引き継がなくてはならなかったり、老朽化していたりすれば見積もりも低くなる可能性があります。不動産会社を通じて売却のための宣伝をし、購入希望者と条件や価格の交渉をします。契約後は決済と物件引き渡しを行います。相場を熟知している地元の不動産会社を使い、相談しやすい状況にしておくのがおすすめです。メンテナンスをするかどうかについても相談しやすいので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です