仙台のビルを売却するか迷う時には

家族で住んでいた家でも、子供が大きくなり家から出て行った場合、実家には両親しか残りません。実家の両親も歳をとり、亡くなるか養護施設に入った場合は、誰もその建物にいなくなってしまうでしょう。実家に住む人ががいなくなった場合、実家は当然空き家になってしまいます。この場合、そのまま空き家にするか売却するかで迷う人が多いです。実際に不動産会社にも相談する人がいるでしょう。実家が空き家になりました…住む?売却?どちらがお得ですか?といった相談は少なくありません。これを解決するのに必要なのは基本的な不動産の知識と法律の知識になります。
例えば実家が仙台のビルにあった場合、これを売却するかそれともそこに住む家が分からない人も多いでしょう。どちらが優れているかは、その建物の環境やビルの価値によっても異なります。ビルが非常に価値があるとすれば、売ったほうがお得かもしれません。例えば、仙台駅の近くにあるビルはこれにあたります。価値がある建物は、空き家にしておいてももったいないです。しかし、ビルにそれほど価値がなければ、わざわざその家を売却する必要はありません。確かに空き家にしておくのは固定資産などを考えるとお金の無駄になりますが、かといってわざわざ安い金額で売るのももったいないでしょう。固定資産税は空き家の場合に高くなるとされていますが、必ずしも高くなるわけではありません。空き家にも大きく分けて2種類あり、倒壊をする危険性がない空き家と倒壊をする危険性のある特別空き家があります。特別空き家と認定されるには、倒壊をする危険性があると市町村認定され、改善の勧告を受けて、それでもなお改善しない場合になります。この場合には、固定資産税が通常の住宅の6倍になります。それならば、売却をしても良さそうですが、投資として、だれかに貸し出すことで、負担を減らすこともできることを知っておきましょう。ちなみに、倒壊をしそうな建物は仙台には少ないですが、築50年を超えてそれでもメンテナンスをしていないような建物は倒壊する危険があると考えられます。
もしビルに価値があれば、どれぐらいの価格で売ることができるかを確認しておきましょう。売却するときに問題になりやすいのは、仲介手数料など諸費用になります。諸費用は、売却価格が高い方が若干高くなりますが、それでもお得になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です