ビルを売却物件として流通させるときの基礎

テナントビルを所有して経営を続けてきたけれどそろそろ引き際だと判断したら売却を検討するようになります。売却物件として市場に流通させようというときに十分な基礎知識を持っていないと損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。すでに売ろうと思った時点では遅い部分もありますが、売却をしようと決断した時点からでも遅くない基礎を知っておくと役に立ちます。

ビルを売却物件として流通させて売却を成立させるためには買い手を見つけなければなりません。不動産仲介業者に依頼することになりますが、一般的な居住用物件を扱っている不動産業者よりも、オフィス系の物件を扱っている不動産業者を選んで仲介を依頼した方が得策になります。持っている顧客層に大きな違いがあるからであり、よりビルを求めている顧客に対して営業活動を行ってくれる可能性が高い不動産業者を選ばなければなかなか売ることができないという状況に陥りかねません。また、販売価格の設定のために査定を受けることになりますが、その査定価格を適正価格として算出できるかどうかもノウハウの多さが影響します。ビルを扱ってきた経験が豊富で今もなお売却物件として多数抱えている不動産業者を選んだ方が安全策になるのです。

不動産業者を選んで媒介契約を締結したら、後は不動産業者に任せて販売活動を行ってもらうことになります。買い手にとって魅力的な売却物件だと判断されたら購入の申し込みを経て売買契約の締結に至るのが通常の流れです。この際に契約内容について不動産業者と綿密に打ち合わせをすることになります。テナントの退去や原状回復などにかかる期間も考慮して引渡し時期を決定しなければならないからです。マンション売却時に作成される売買契約書の見方についてを参照して概要を理解しておくことはビルの売却をする上でも役に立ちます。最終的には売買契約書に記載されている内容に従って売却手続きを進めることになるため、特に代金の精算や所有権の移転時期、引渡し時期などについて細かく確認しておくことが大切です。また、万が一テナントが出ていかないという状況になってしまうことを想定して、解約の解除についてもよく理解して置く必要があります。場合によっては先方との交渉を行って条件を緩めるように心がけるのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です