テナントの退去が問題になるビルの売却

これまでテナントを入れて経営してきたビルを売却するときには計画性を持つことが欠かせません。今、ビルを売りたいと思ってもできないことがほとんどです。基本的にはビルをテナントに貸しているときには借り手側にとって有利な契約になっていて、借り続けたいという話になるとそれを認めるのが原則になっています。それでもなお強制的に退去させなければならないとなると解約金を払わなければならないという契約になっているのが一般的です。特に契約の満了日に至る前に解約するという場合には、契約更新を断るのに比べても費用がかかる形になっている場合があるので注意しなければなりません。

強制退去を求めるといっても法的な強制力をもって退去してもらうことはできないのが原則です。テナント側に問題がある場合を除けば、合意がなければ退去させられないことになっています。そのため、納得できる猶予期間を与えなければならないことは念頭に置いて、売却を思い立ってから半年や一年は売れないという考え方を持っておいた方が良いでしょう。どのようなテナントが入っているかによっても大きな違いがあり、強硬に今のまま借り続けたいということになってしまうと交渉が長引いてしまいます。それも考慮して早めに告知を行い、必要に応じて交渉を行って退去時期を確定するのが肝心です。その上でビルの売却を進めて行き、退去日と原状回復工事を行う日をできるだけ近くして速やかに引き渡しをできるようにするのが効率的と言えます。このような計画性がなければ売れないのがテナントビルです。

テナントにばかり気をかけていると他のことを疎かにしてしまうこともあるので注意しましょう。不動産売却時、火災保険の解約のベストなタイミングとは?という記事にも詳細に記述されていますが、ビルの売却をするときにはそれに関わる契約を全て解約しなければなりません。火災保険以外にも管理会社や点検会社との契約についても予め確認してタイミングよく解約することが必要になります。経営や維持に関わっているあらゆる書類を引き出してきて、契約書を一通り確認しておくことが大切です。解約手続きの行い方は業者によって異なるので、契約書に記載してある条件や手順を調べた上で計画的に進めるのが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です