ビルを売却するのに絶好の相場とは

ビルを売却したい。でも今売って良いのだろうか、これからの相場はどのように動いていくのだろうとお悩みの方も多いと思います。では、高く売れるのはどんな時でしょうか。発想を変えてビルを購入する立場に立って考えてみればそのヒントが得られます。
皆さんがビル等の不動産物件を購入する場合、大富豪でもない限り現金1回払いで購入することは無いでしょう。ほとんどの場合は住宅ローンを組んで購入することになると思います。住宅ローンを利用する際に気をつけなければならないこと、それは金利です。日本はバブル崩壊後低金利になり、比較的住宅ローンを利用しやすい状況が続いています。更に追い討ちをかけるように長期の金利をマイナスにする、いわゆるマイナス金利政策がここ最近話題になっています。では、マイナス金利が住宅ローンに及ぼす影響とは?これが不動産を購入する人たちのモチベーションを左右します。すなわち不動産相場にも大きな影響を与えることになります。
では、どんなときに不動産の購入意欲が高くなるのでしょうか。低金利政策が長期間にわたって続いている今現在のような状況でしょうか。確かに、今は金利も比較的安く住宅ローンを使いやすい時期ではあります。でも、政府がマイナス金利政策を打ち出した状況を考えると、今の低金利はしばらく長続きする可能性が高そうです。この状況では、「まだまだ低金利が続くだろう」という推論から「今すぐ不動産を購入する必要は無い」という考えが支配的になり相場としてはわずかに上向くかもしれませんが、比較的安定した状況になるのは想像に難しくないですよね。その後、マイナス金利政策の効果が出始め、景気が本格的に上向いてきた時がチャンスです。景気が上向いてくればマイナス金利政策は終わり、徐々に利上げが始まるでしょう。この利上げが始まるタイミングで不動産の購入意欲が最も高くなります。というのは、「今のような低金利は続かない」という推論から「不動産を買うなら今」という考えが支配的になるからです。
今まで述べてきたように、ビルを売却するのはもう少し待ちましょう。景気が本格的に上向くことが実感できてからの方が良いのではないでしょうか。いつ頃か予想するのは難しいですが、東京オリンピックへの期待感がピークに達する2018~2019年あたりに、このような絶好の相場が来れば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です