ビルの二つの売却方法と税理士の重要性

ビルを売却したいというときには大まかに分けると二つの方法があります。一つは不動産会社に仲介を依頼して買主を探して貰うものです。売却物件として流通させてもらいつつ、ビルを探している候補者が見つかったときに営業活動を行ってもらい、また広告などを作成して大々的に市場に売りに出してもらうことになります。基本的には査定を受けて販売価格を決定して売りに出し、買主の候補者が見つかったら価格交渉を行った上で売買契約を締結するという流れで進められるのが仲介です。買主が見つからない限りは売れないという面はありますが、通常は適正価格で売れるようになっています。もう一つは不動産の買取会社に依頼して。その会社に買い取ってもらうものです。これは買取業者との直接契約になるのですぐに売れるのが特徴になっています。しかし、買取業者側が在庫リスクを負うことになるため、仲介の場合の適正価格の7割程度の価格での取引になるのが一般的です。査定を受けて買取の契約をするまでに一週間もかからないこともあるため、スピーディーに売却できます。この中道の方法として買取保証のある不動産会社に仲介を依頼することも可能です。これは最初は仲介を行ってもらい、定められた期間内に売れなかったときには不動産会社が買い取ってくれるという仕組みになっています。

これらの方法から選んでビルを売却したときには税金を納めなければなりません。売却益が出ていない場合にも確定申告をすると節税できる可能性があるので仕組みについてよく理解しておくことが肝心です。もしよくわからないという場合には税理士に依頼して計算してもらうのも重要になります。事業用に使っていたビルという影響もあって入念に監査される可能性もあるので正しく計算できるようにする必要師が高くなっています。

最大で3000万円!相続された不動産の譲渡所得の特別控除についてという話題にもなるほどに控除についても規定が多数あるので税理士に相談する意味があります。相続が理由でビルを売却するというときには特別控除を受けられるというのがこの例ですが、他にも例外的な特例がいくつも設けられています。不要なほどに税金を払ってしまわないようにするためには該当するものを選び出さなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です