上野でビルを売却する時の注意点

上野ではビル一棟を売却する人も少なくありません。利益が出なくなったから、手放しているばかりではありません。テナントを入れた状態の建物や新築から数年しかたっていないものも売りに出されています。魅力がある建物ですから、購入希望者もすぐに現れます。上野でビルを魅力的な状態で売却をする為には何が大切なのでしょうか。いくつか検討してみましょう。
1、損益分岐点を明確にしておく
2、利益がでたら早急に手放すことを考える
3、上野で売る時に高値にしすぎないようにする
4、テナントを入れている場合には、できるだけ満室にしておく

それぞれ具体的に考えていきます。
1、金融機関から融資を受けて購入した場合であれば、返済金額が賃料収入より少なくなる時が来ます。利益がでている状態が長期間になると収入は増えるものの、税金負担も多くなります。維持費を安く抑えることも重要な要素です。
2、利益がでている時が建物が魅力的な時期でもあります。購入希望者がいない時に売りに出していても希望者が現れることはありません。誰もが欲しいと思う状態の時が利益が多く出ている瞬間でもあります。現在利益がでていることがデータ上でも明らかであるので購入希望者も安心ができるのです。
3、売却価格も購入希望者を早期に見つける重要な要素です。売る側からすると1円でも高く、買う側は1円でも安くを望んでいます。多くの収入を得ようとうして高額な費用を提示してはいけません。売れ残りとなると売りやすい期間を超過してしまうことがあります。売る時には欲を出しすぎることなく、相場を見ながら価格を決定すると良いです。売りやすくする方法は相場よりも若干低く設定することです。安いものには購入希望者が殺到します。条件がもっとも良い人に売ればお互い気持ちの良い取引ができます。
4、テナントビルを売却する時には利益がでている以外に、テナントを満室にしておくことをオススメします。データで利益がでているとしても空室が目立っていると半信半疑になってしまいます。契約期間の関係上、すぐに空室となる場合でも売る時に満室であれば良いのです。不動産契約をする時に購入希望者に対して説明すれば良く、内部を見ているだけの時に不利となることはできるだけふせておくと良いでしょう。相手が望んでいる情報は何かをその時、その時点で考え適切な情報を提供することで売り逃がしを防ぐことができます。お互いが納得できる金額を提示すると良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です